ブログトップ

ししてしかばねひろうものなし

ta92.exblog.jp

ta92の撮った写真や映画の話をしましょう

スキの遺伝子

車の免許をとったばかりの頃、大好きな先輩がいた。
彼は"プジョー205ターボ16"と同じカラーリングを施したスターレットをカッコよく、そしていつも楽しそうに運転していた。
その楽しそうな姿がまぶしくてカッコよくて、私は人生一台目の車を彼のスターレットによく似た、でもちょっとちがうモノを選んだ。
はっきり断言できる、私のラリー車好きはこの人のせいだ。^^;

「ta92、シートベルトは必ずせんといけん、なんかあってもこれが守ってくれる。^-^」
尊敬する先輩の言葉だ、私たち後輩グループはシートベルトが義務化されるはるか前から当たり前のようにシートベルトを自分から装着していた。

ある日突然、彼は他界してしまった。
前日の夜に地元の集まりでたらふく飲んで上機嫌で帰ってきて就寝、朝になったら亡くなっていたそうだ。
「あの人らしいな。」
そう思ったけれど、彼には奥さんと生まれて間もない子供がいたのでこの言葉を口にすることはどこであろうと絶対にしなかった、もう時効かな。

SIGMA SD10 + CARL ZEISS JENA TESSAR 50mmF2.8 DDR
d0131982_2365753.jpg



話は飛んで十年位後、友人のyoshiaから当時の私のバイト先の後輩君が私がバイトを止めた後私の車によく似たちょっと違う車を買っていたと言う話を聞いた。
私が楽しそうに自分の車に乗っている姿を見て、同じように、そしてちょっと違う車を買ったのだそうだ。

ああ、こりゃ遺伝子だ・・・と思った。

先輩の"スキの遺伝子"は私の中で少し形を変え、後輩君の中でさらに少し形を変え、きっと彼をまぶしく見ていた誰かの中でまた少し形を変えて今もどこかで走っているに違いない。^.^
どんな車になっているんだろう、できれば写真のようになってるとちょっとウレシイ。

みなさんは"スキの遺伝子"残してますか? きっと残してますよ。^.^v

最後に・・・稲永さん、タメ口しかきいたことないような生意気な後輩だったけどあなたのことを世界で一番尊敬してました。
[PR]
by ta92SD | 2007-12-20 00:16 | スナップ